GoogleのCustomer Match:最高のパフォーマンスのためのファーストパーティデータ活用法

By December 3rd, 2015

Google は10月に、効率的に既存顧客ベースにリーチ可能な、“Customer Match”という新機能を発表しました。

これにより、AdWordsに顧客のメールアドレス、もしくは購読者のメールアドレスをアップロードできるオプションが追加され、Google検索、GmailもしくはYouTubeを介してオーディエンスをターゲットすることができます。同様の機能はすでにAdRollやFacebookでも利用されているものです。 Googleの最新機能で、さらに別のネットワークからもファーストパーティデータを活用することができます。

この新機能のニュースは多くの広告主にとって、(特にどうすれば膨大な顧客データをマーケティング活動に有効活用すべきが模索しているマーケッターにとって)非常に意味のある新機能発表です。

Googleは広告主が把握している顧客情報を基に、デバイスやプラットフォームを横断して、メッセージの配信を許可しているので、ブランドロイヤリティの確立や、既存顧客に再購入を促すことができます。

 

Customer Match活用のための3つの主な方法

1)、Customer Matchの最も特徴的な機能として、「最も効率的に特定のオーディエンスにリーチできる」ということです。例えば、もし誰かが御社製品を購入した場合、そのオーディエンスは既存顧客をターゲティングするのに活用でき、ブランディングを継続することができます。これは、リピート購入を促進し、斬新的な発展につながります。

 

2)次に、しばらくウェブサイトに訪れていない、商品購入履歴のある顧客を対象にリエンゲージするのにCustomer Marchは有効です。例えば、ある人が1月にステレオを買って以来、御社のウェブサイトから何も買ってないとしましょう。そのオーディエンスがGoogleネットワーク(GmailやYouTube、Google検索など)にログインしているときに、その特定の個人や、類似ユーザーのオーディエンスを作成することができます。

 

3)3つ目の方法は、ネガティブオーディエンスを作成することです。このオーディエンスは、御社が御社の広告を表示させたくないセグメントグループで作られています。リード獲得に重点をおく企業はこのカテゴリーに当てはまります。Customer Matchは広告キャンペーンからネガティブオーディエンスを作成・除外することができます。その結果、新しいリードのみをしっかり把持することができます。

 

エントリーを隔てる障害

Customer Matchの設定は簡単です。直接AdWords広告にハッシュ化したメールアドレスを含む.csvファイルをアップロードします。1,000未満のオーディエンスは、プライバシー上の理由から、Googleネットワークを介してターゲットにされないため、リストは大きければ大きいほどいいです。一度、プロセスを踏んだ後は、他のリマーケティングオーディエンス同様、デバイスおよびチャネルを横断して、ターゲットとする新規オーディエンスを活用できます。

しかし、ディスプレイネットワークにおいてこの機能はまだ互換性がなく未対応です。 YouTubeやGmailだと “類似ユーザーリスト”を作成することができます。

オーディエンスの一致リストと類似性を示す新規ユーザーで作られたオーディエンスをターゲットにすることで、全体のリード数を増やすことができます。

 

ユーザーが最優先

Googleはユーザーのプライバシー保護を重視しており、この機能においても例外はありません。 AdWordsにアップロードされたすべてのデータは、ファーストパーティのデータでなければなりません。すべてのメールアドレスは、アップロード前に、ハッシュ化する必要があります。

ハッシュ化されたメールアドレスがGoogleユーザーにマッチングされた後、すべてのデータは破棄されます。このプロセスは、すべてのユーザ情報が安全でかつプライバシー保護がされていることを保証します。

 

さらに、広告主は、ユーザーがメールの環境設定を管理できるリンク先を準備する必要があります。このリンクは必要条件であり、提供せずにオーディエンスの使用をすることはできません。 Googleのプライバシーポリシーに従わない場合は、Customer Match機能の使用停止、そして一時的にアカウントを凍結する恐れがあります。

 

ファーストパーティの膨大なデータを持っている場合、まずはCustomer Matchを試してみてください。Google検索、GmailおよびYouTubeなどさまざまな方法で簡単に実行でき、使用することができます。

 

*この記事は3QDidigital社のアカウントマネージャーである、Dionte Pounds氏のブログ記事を翻訳しています。

Leave a Comment

マリンソフトウェア
Facebook公式ページ
(英語)