Google の新しい広告レイアウト:今後どうなる?

By February 25th, 2016

住宅購入希望者が住みたい場所であるけれど、価格が高くてなかなか踏み切れないときに、不動産業者はたいていの場合、 「しかし、場所は最重要項目です」と後押しするでしょう。

先週末、Googleが発表した「デスクトップ検索上における広告表示の変更」において、Google は検索結果の右側から広告枠を排除することを決定し、これにより、Marin Softwareはマーケティング担当者が以前より注意深く”場所” を意識するようになると予想しています。

さらなる予測

より少ないインベントリーと一定の需要があった場合、需要の高いクエリ上で平均のクリック単価は高騰します(掲載順位上位に固定したい場合は、PositionLockをご確認ください)​​。

 

このニュースは、一部の広告主にとっては気落ちするお知らせかもしれませんが、Marinは、この変更は業界に好影響を及ぼすと予想しています。

 

ユーザーの観点において、「少ないほど、豊かである」と考えます。

気を散らすことのない、シンプルなユーザーエクスペリエンスは、掲載順位トップの広告に高いクリックスルー率をもたらします。

さらに、高いクリック単価があった場合、これまで弱い立場にあった製品市場のオークションで入札競争相手を押しのけることができます。この変更によって、Marinは、広告主様がよりスムーズに今もこれからも顧客との断続的な時間を共有できることを期待しています。そして、Marinは今後もパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを注視し、最善のサービスをご提供します。

 

ショッピング広告

このGoogleの変更は、ECサイトの広告主様にとって最も意味のあることだと期待しています。商品リスト広告(PLA類)は引き続き、検索結果画面の上部と右側に表示されるので、小売業の広告主様は、この誰もが欲しがる場所を優先的に活用できるのです。

 

ECサイトの広告主様の場合、フィードを最適化し商品ターゲットの入札をすることが最優先のタスクです(サポートをお探しの場合は、Marin Shoppingをご確認ください)。​​GoogleのユーザーおよびマーケッターとしてMarinはこの変更に非常に強い関心を抱いています。もし、入札、PLA、または一般的なベストプラクティスのアドバイスをお探しでしたら、是非、一度弊社にお問い合わせください。

Leave a Comment

マリンソフトウェア
Facebook公式ページ
(英語)