知っておきたいFacebook広告の3つのトレンド

By February 17th, 2016

2016年はFacebookにとって12年目の年になります。 Facebookはもはや単なるインフルエンサープラットフォームではありません。今日、Facebookは実際に(そして多くの)コンバージョンを生みだしています。

 

Marinは昨年、Facebookの成長と発展を通して、特に重要な際立ち見てせていた3つのトレンドであるクリック、ビデオ、ジオターゲティングに着目しました。

Facebook広告はよくクリックされています

ソーシャルメディアターゲティングは、これまで以上に正確になり、今年はますます活用が期待できそうです。 2015年には、Facebook上でクリックスルー率(CTR)が2倍以上増加しました。それはなぜでしょうか?

 

  • 優良な広告品質
  • 広告配信は、はるかに選択の余地があり、ターゲットが絞られている
  • Facebook広告が表示されることにより、進んでクリックする傾向がある

 

上記の3つがポイントとなり、Facebookの広告主にとってCTRの増加や低価格のCPCなどなっきりとした効果につながっていると言えます。

 

ソーシャルビデオの急速な発展

2015年、オンライン広告にとって最も急成長している分野の一つが動画広告であり、Facebookはすぐにこのトレンドを導入しました。今、私たちのニュースフィードには動画広告が当たり前のように流れてきています。

 

Facebookによると、2015年末までに配信された、動画広告は一日平均、80億ビューで、7ヶ月の期間で100%の成長がありました。

 

この信じられないほどの成長は、Facebookがユーザーエンゲージメントとの関連性を高めるために、動画広告フォーマットをわかりやすく改善するのに奮闘した結果と言えるでしょう。そして、2016年のFacebookの動画広告の売上高はさらに多くの可能性を秘めており今後も動画広告の未来は明るいように見えます。

 

ローカル広告はこれまで以上に正確かつ効果的

2015年の間に、地域ターゲティング広告は、地元の広告タイプに少なからず起因し、Facebook上で主要な活力を獲得しました。ソーシャルメディア上のハイパーローカル広告ターゲティングはマーケティング担当者が、ある地域を限定して、半径約1.6㎞以内にターゲットを絞り、特定のオーディエンスにリーチすることができました。

 

このハイパーローカル広告は、簡単にモバイル広告フォーマットと同期され、道順や行き先のお店の電話番号をワンクリックで表示し、近くにいるオーディエンスをターゲティングできるようにし、実店舗を構える企業に、高いエンゲージメント率を獲得できるようにしました。 2010年以来、地域をターゲットにしたソーシャルメディア広告は毎年33%の成長と、輪をかけるように成長し続けており、2015年には、$ 8.3億ドルもの売上げを記録しました。

 

Facebook広告に関して、さらなる詳しい情報はMarinのホワイトペーパーをご確認ください。

ダウンロードはこちら:The State of Facebook Advertising: Clicks, Videos, and Geotargeting.

Leave a Comment

マリンソフトウェア
Facebook公式ページ
(英語)