検索広告:ハイシーズンである年末の増加率と前年度との対比結果

By January 22nd, 2016

12月は、小売業者にとって最も忙しい時期ではないでしょうか。多くの小売業者は年末の売上げ利益に応じて来年のプランはどうするか考えていることでしょう。

 

Marinは先月の検索広告の動向がどのような結果に落ち着いたか、調べてみました。

増加傾向ではあるものの、2014年ほどの増加率ではなかった

2014年11月と12月の結果に比べて、今年のホリデーシーズンは、2014年の同じ時期に比べるとの下がる結果となりました。同じ年の10月と比較した場合、広告支出は、2014年に12月には27%増加しており、2015年は16%の増加がありました。

 

しかし、クリック数は19%対22%と、比較的同じで広告効率も前年同期比で上昇しました。 CTRは2014年にわずか6%だったのが、2015年には18%と高く、主な理由としてPLAとモバイル広告の飛躍的な成長があったからかと思います。

December2015Performance-500x301

ホリデーシーズン、モバイル、およびのPLA

2015年12月は、年末セールと重なることもあり、予測通り大きな成長が確認できました。 25日までの週には、クリック数と12月の平均と比較した場合、クリスマスの日自にピークに達し、250%以上と急上昇しています。これは2014年の動向と非常に似ており、主に広告テキストに比例して、モバイルおよびPLAは、より高いクリック率がありました。

 

全体的に、今年のホリデーシーズンには、結果として大きな効果を残すきっかけとなり、新しい広告フォーマットを採用した小売業者ととって成功をおさめる年末となりました。

Leave a Comment

マリンソフトウェア
Facebook公式ページ
(英語)